日・米社会保障協定

社会保障に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定

Agreement between Japan and the United States of America on Social Security

samplejpg

日・米社会保障協定の要約

アメリカに派遣される、又は移住する日本人には、「保険料二重負担の問題」と「年金受給資格の問題」が生じていました。

保険料二重負担の問題とは?

日本の保険料と、アメリカの保険料を二重に支払うことを余儀なくされていました。

適用調整 によって解決
アメリカ滞在期間が5年を越えない見込みの場合には、日本の法令のみを適用し、逆に5年を越える見込みの場合は、アメリカの法令のみを適用し、二重に払う必要がなくなりました。

年金受給資格の問題とは?

アメリカに居る期間だけ、アメリカ年金に加入しても、老齢年金の受給資格要件としてのクレジット(一定の加入年数)を満たすことができない場合が多いため、保険料が掛け捨てになっていました。 逆にアメリカ滞在期間が長い為、日本の年金受給資格が得られなかったケースがありました。

保険期間の通算 によって解決
日米両国間の年金制度への加入期間を通算して、年金を受給するために最低必要とされる期間以上であれば、それぞれの国の制度への加入期間に応じた年金が両方の国から受けられるようになりました。

国会議事堂

日・米社会保障協定は、平成17年10月1日発効 となりました。
※平成17年は2005年

英語の原文:
Agreement between Japan and the United States of America on Social Security

日本語の原文:
社会保障に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定

日本の年金受給判定クイズ

その他外部公的機関の関連ページ

日本の年金制度
アメリカの年金制度
私たちのプロフィール

SMILE JAPANESE PENSION ASSOCIATION は、日米社会保障協定により変更された受給基準を広報し、年金の取り忘れをなくし、一人でも多くの方が年金を受給できるように、アメリカ在住の日本人に、ご相談、調査、手続きの代行サービスを実施するアメリカ拠点の事務所です。
米国内からの電話:1-844-756-2552